小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第5章 悲しい知らせ
まずは第1章から第4章まで読んでください。

 彼女とは、その後、週に1回ほどの割合でデートをすることになった。映画を観たり、遊園地に行ったりした。同じクラスで席も近い。クラスの中で、というよりか学校中で公認のカップルとなった。学校の中では、教室の中でも外でも、出来るだけ二人きりになり周囲に見せつけた。秀生にとっては、悪い噂を掻き消す最高の手段だった。
 彼女は、秀生の家にも何度と訪れ、一緒に宿題をしたりした。秀生も彼女の家を訪ね、バイオリンの練習に聴きいった。秀生の家族も、春沢裕子の家族も、二人の仲を認めてくれた。お互い清純な付き合いに心掛けていることを伝えた。
 姉の奈緒美は、からかうように秀生に言う。彼女の話しになるといつもだ。
「ねえ、そろそろあれはまだなの?」
と、その度に
「あれって何だよ?」ときく。
「分かっているくせに」
と姉は返す。それでも、秀生は知らない振りをした。よく知っていたが。
 そうだ。あれだ。デートをする仲になって、数ヶ月が経つ。新年が明けて三学期となったが、それでもあれはまだしていない。つまりは、キスだ。口づけを交わしていない。手をちょっと握り合ったり、肩を寄せあったりするぐらいのことならしたがキスとなると。ましてやそれ以上のことなど。
二月に入り、バレンタインの季節となった。テレビでも雑誌でも、その話題で持ちきりだ。若い男女のカップルをターゲットとしたCMや広告が溢れる。お菓子屋は、ハート型のチョコレートを店頭に並べる。バレンタインとは、男女が愛を語り合う時とか言われているらしい。起源は古代ローマ帝国。当時、戦意喪失を防ぐため兵士の結婚が禁止されていた時代に、バレンタインというキリスト教司祭が秘かに結婚をさせてことが分かり、2月14日に処刑された出来事にちなみ、その日を愛を語り合う記念日とした。
彼女もチョコレートをくれると言っていた。それも手作りをくれると。秀生は楽しみだった。そして、考えた。この日に口づけを交わそう。そっと。映画やテレビドラマで恋人同士がするように。よく男が迫って、女がそれを待っているような、そんな流れだ。彼女は、自分からキスをしてくれなどとは言わない。雑誌などに書いていたが、女の子は自分から決して誘わない。男が誘ってくれるのを待っているものなのだ。そして、誘うのが男の役割だ。
2月14日、バレンタインデーが来た。学校の授業が終わり、二人で近くの喫茶店に行くことにした。その日中、カバンにしのばせていたものを取り出した。チョコレートだ。手作りかと思ったが、包装からしてどこかのデパートで買ってきたようなものだった。
「ごめんなさい。自分で作ろうとしたけど、何度やっても失敗しちゃって」
彼女は申し訳なさそうに言う。
「いや、いいんだ。十分だよ。ありがとう。ずっと楽しみにしていたんだ」
 秀生は笑顔を見せながら嬉しそうに言った。彼女の表情が、ぱっと明るくなった。二人で紅茶を飲みながら、たわいもないおしゃべりを始めた。話題は、今後の進路のことになった。どんな大学に進むかと。彼女は、音楽科が目標で、将来はプロのバイオリニストか、駄目なら、音楽の教師になりたいと。秀生は答えに困った。まだ、自分で何になりたいか決めていない。
「まあ、普通のサラリーマンかな」と素っ気なく答えた。彼女のことよりも、自分の将来どうしようかというテーマが頭の中を支配し始めた。
 会話も一段落して、喫茶店を出ることにした。
 もう夜の8時で、2月ということもあってとても寒い。ゆっくり外を二人きりで歩いた。気が付くと、周りは静かで二人だけで小径を歩いていることに気が付いた。近くには誰もいない公園と明かりの消えている家。誰にも、自分たちが見られている気配を感じない。
「ねえ、秀生君、私が好きならキスをして」
...read more
スポンサーサイト
テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。