小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第7章 ダブルス
まずは第1章から第6章まで読んでください。

一九九三年 春

 秀生は二年生となり、佐々木は、四年生となった。


 秀生は部室に「退部届」を携え向かった。もうこんなことは嫌だ。何とか避けないと。せっかく始めたばかりのテニスもやめないといけない。3年前、高校の考古学部を辞めた時のことを思い出した。自分は変態ではない。変な癖が出ようものなら、すぐにでも抑え込んでしまわないと。もう2度と佐々木先輩には会ってはいけない。
 部室に入った。そこには、着替えている途中で素っ裸の先輩がいた。
「よう、箱崎。どうしたんだ!」
 秀生は一瞬おののいた。筋骨隆々でたくましく、また又の間のあれがでかくぶら下がっている。これまで何度か見たことのある姿だが、突然、こんなに間近に目に入ったので驚いてしまった。だが、ひるんでいる場合ではない。すぐに気を取り直し、
「先輩、大事な話があります」
と言った。
「そうか。実を言うと俺にもあるんだ。箱崎、お前、夏の選手権で俺とダブルスでペアを組まないか」
と佐々木は言った。
 自分の言いたいことを言う前に、先んじて思わぬことを言われ、秀生は面食らった。
「僕とですか。ですけど、まだ始めたばかりで無理ですよ。選手権の試合なんて。ましてやダブルスですよ。それに先輩は、すでに中西さんと組んでいるのでは」
と秀生は即座に返した。中西とは、3年生の男子部員の一人である。
「いやさ、当初組む奴だった中西がてんで合わなくてさ。どうせなら、始めたばかりでもまあまあやれて、息の合うお前ならどうかと」
 自分と「息が合う」その言葉に変な刺激を覚えた。
「いやあ、でも、差があり過ぎます。先輩がほとんどカバーしなければいけなくなりますよ」
「いやあ、いいのさ。どうせ、中西とやったら息が合わなくて、外すことばかりになろうから。何なら、差があってもリズムが合えば、大事なところでは俺がしっかりカバーする。その方が、結果的に試合を優勢にすすめられるだろうし。どうだ? 俺にとっては大学生活最後の大会となるんだ。頼むよ、箱崎」
とけしかけるように佐々木は言う。
 秀生は佐々木の目が自分に向けてぎらぎらしているのに気付いた。なぜ、そんなにぎらぎらしているのか。こう答えるしかなかった。
「はい、お願いします。僕のような者でよかったらやらせていただきます。先輩とペアを組めるなんて実に光栄です」
 秀生は勢いよく答えた。
「よし、それなら、さっそく練習だ。さっさと着替えろ」
 秀生は、退部届けをポケットに入れた。後で破って捨てよう。急に気分が明るくなり服を脱いで、さっそくテニスの格好に着替えた。


 3ヶ月後、テニスの大学生選手権関東大会が開会された。これで3試合、勝ち進めば関東地区で優勝して全国大会の出場権を得ることができる。優勝は無理でも2位までに入れば、場合によっては出場権が割り振られることにもなる。
 この1ヶ月の間、講義を何度かさぼってまでも、秀生は練習に没頭した。佐々木のしごきも普段の倍以上の厳しさであったが、だが、気持ちよく受け入れた。大会が近付くのが待ち遠しくなっていった。そして、その大会の日になった。当日になるとさすがに緊張した。しかし、全力を尽くすしかすることはなかった。秀生は、身を引き締め佐々木とコートに向かった。
 佐々木がコートで秀生の前に立つ。佐々木の構える姿が凛々しかった。
「横浜大学 対 東京大学 ゲーム・スタート」
 試合は、始まった。
 そして、1時間足らずで試合は終了した。2-0で佐々木 淳・箱崎 秀生組があっさりと勝利したのだった。相手は2ゲーム程度しか取れなかったという明らかな惨敗であった。あまりにも弱すぎる相手で気抜けしてしまった。
「ははは、まあ、偏差値で強いところはスポーツで弱いのが定番というわけさ」
と佐々木は試合後笑いながら語った。
 しかし、翌週の2戦目の相手は、たやすい相手ではなかった。早稲田大学である。偏差値が高いことでは東大にひけをとらないが、スポーツには熱心な大学だ。
 1セット目は、6-3で敗れてしまった。体の疲れ具合も、1戦目の倍以上である。これは勝てないと秀生は予感した。
「いいか、負けるとなんて一瞬たりとも思うなよ。コートでは100%勝つことだけを考えろ」
 2セット目に入る前に佐々木は秀生にそう言い、カツを入れた。秀生は、身が引き締まり集中力が増した。
...read more
スポンサーサイト
テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。