小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第10章 耐えられない存在
まずは第1章から第9章まで読んでください。

 秀生は、佐々木先輩に出会ってからこれまでの自分自身について思い返した。自分は先輩をどう見ていたのか。どう思っていたのか。自分を持ち上げてくれるよき先輩、友人としてか。いや、そうではない。そんなこと気付いていたが、認めたくなかった。認めたら、先輩と一緒にいることが息苦しくなる。そして、そんなことをしたら、先輩と顔を合わせられなくなる。それが嫌だった。先輩と常に一緒にいたかったのだ。一緒にいたかったのは、なぜか。そのことを明確に気付かせたのは、部室で先輩が浴びせた罵声であった。
 箱崎秀生は、自分が、男でありながら愛する対象が男である同性愛者であることを自覚させられた。世間では、「ホモ」とか「オカマ」とか呼ばれている連中だ。
 自分は、間違ったことをしている。これは病気である。とても恥ずべきことなのだ。男でありながら男を愛すなどとは、あってはならないことなのだ。世間では異端視扱いされている。当然だ。この世には、男と女しかいない。なのに男同士、また、女同士と愛し合うなど自然の摂理に反する。同性同士では子供は作れない。家庭を築くことができないのだ。人の道に反する行為だ。 
 そんな連中の仲間などになりたくない。絶対に! 絶対に、この病気を治してみせる。自分を変えてみせる。先輩にあんなことを言われ、ひどく傷ついた気分が、日々つきまとう。せっかくの夏休みになっても、何もする気になれない。だが、言われても当然のことを自分はしてきたのだ。とても恥ずべきことを。
 しかし、考えた。どうすればいいのだろう。落ち込む日々が続き、食欲も減退し体重が減り、かなり痩せた感じだ。こんな気分がずっと続くとなると、生きる気力を失い、命さえ危うくなりそうだ。相談しようたって、こんな悩み誰に言えばいいのか。
 
 親友の安倍が、箱崎家を訪ねてきた。最近、電話などかかってきて合コンやアルバイトの誘いをしてくれたが、どれも断ってきた。そんな気分でないと告げてきた。安倍は、そんな秀生を心配して会いに来たみたいだ。
「おい、元気を出せよ。彼女にでも振られたのか」
と冗談ぽく秀生に話しかける。二人は、居間にいた。家には、二人以外誰もいなかった。
「何度も言っているだろう。ただ落ち込んでいるだけさ。夏バテかな」
「じゃあ、その夏バテを解消させるいいものを持ってきてやったよ」
と言いながら、安倍は持ってきたバッグの中から、ビデオテープを取り出した。そして、それをビデオデッキに入れる。テレビをつけ、再生されるビデオの映像を眺めた。
「あー、あー」と呻き声と共に、裸になった女性の姿が映し出された。とても美しい裸体に悩ましいポーズ。興奮した表情。そして、その女性を抱く男性も同じように興奮している。男女とも全裸だ。
 アダルトビデオだ。そんなものをわざわざ持ってきたのか。
「いい女だろう。これを観て興奮しない男は、ホモだと言っていいぞ」
 秀生は、その「ホモ」という言葉にびびっときた。秀生は、ビデオを食い入るように観た。安倍は、とても嬉しそうに観ている。秀生は、訳も分からず観た。この男女のやっている行為はすでに経験済みだ。今更、自分が観たとしてもどうってことない。
 映像は、男の下半身部分を映した。男が自分のペニスを彼女の膣に挿入しようとしている場面だ。ぼかしが局部にかかる。男が尻を動かす映像が流れる。
「やめてくれ」
と秀生は言った。秀生は、ビデオのリモコンの停止ボタンを押した。
「どうたんだよ?」
「いやさ、体調悪くて観る気になれないんだ。こういうのって熱を上げちゃうだろ」
と秀生は言い訳がましく言った。男の尻を動かす場面に興奮した自分が、急に気持ち悪くなったのが、停止ボタンを押した本当の理由だった。

 安倍は、心配そうに「元気出せよ。気分が良くなったら、また、このビデオ観ようぜ」と言い帰った。親友が心配して訪ねに来てくれたのは嬉しかった。そのせいか、少しは元気が出てきた。
 その日の夜、夕食を食べ終わり、部屋に入って寝込んだ後、体が汗くさい感じがしたので、風呂に入ることにした。風呂場に行こうと居間を通り過ぎると、母の清子が、
「秀生、お風呂、湯沸かし器が壊れちゃっているようだから、今日は銭湯に行ってきて」と声をかけた。母は、そう言いながらテレビを観ている。お気に入りのミステリー番組だ。
 顔のひきつった中年の女性が、向かい合う主役の女探偵に向かって話しかける。
「あなたは、私に気があるような振りをして、私の心を掻き乱し苦しめてきた」
「私は、そんなつもりはなかったわ。私が、そんな女だと思っていたの」
「何言っているのよ。結局、私を騙したのね。あの女のように、私が殺したあの女のように」
「やっぱりあなただったのね。あなたが殺したのね。嫉妬して、彼女を、いやその前に、彼女のご主人を」
「そうよ、あの女は私のもの。だから、許せなかった、あんな男に独占させるなんて」
 中年女、同性愛者である殺人犯は、手に包丁を持って、美人女探偵に迫ってくる。
「あなたはなんて卑劣な人なの。今からでも遅くない、自首しなさい」
「自首なんてしないわ。あなたを殺して私も死ぬ」
 そう言いながら、殺人犯は彼女を刺し殺そうとする。女探偵は、中年女の手首をつかみ、揉み合う。危機一髪の場面だ。
「やめろ」と男の声がした。女探偵の相棒の男が警官数人を伴って現れる。
 お決まりの結末。殺人犯の女は、手錠をかけられ、相棒の男が女探偵にねぎらいの言葉をかける。
「よかったな。心配したよ」
 女探偵は、ほっとして相棒に抱きつく。これで一件落着。
 清子は、その場面を観ながら「ああ、面白かった」と言い、テレビのスイッチを切り、台所に向かい、皿洗いをしに行った。
 秀生は、そんな母を見るとおかしかった。とにかく、風呂に入りたいと思い、銭湯に行く準備をした。洗面器とタオル、石鹸などを持ち、銭湯に向かった。

 銭湯に行くのは、数年ぶりだった。前の時も風呂の湯沸かし器が壊れた時だった。秀生は、金を払い、脱衣所で服を脱ぎ素っ裸になり、風呂場に入った。広々とした空間が目の前に迫る。高い天井、ゆったりとした湯船。すでに数人ほど客が入っていた。皆、年寄りだった。
 秀生は、桶で股の間に湯を流すと、浴槽に入った。心を落ち着かせた。家のお風呂とは一味違う。実にゆったりとした空間だ。こんな気分になったのは久しぶりだ。今まで落ち込んでいた気分も次第に晴れ渡っていく感覚がした。
 ガラーと浴室のドアが開く音がした。一人の背の高い男が現れた。男は、堂々として、がに股で歩く。体は、筋肉質で背中に入れ墨がある。何ともヤクザ風の男だ。
 秀生は、体が緊張した。男がヤクザ風だからではない。男の股を見て緊張したのだ。股の間にぶら下がっているもの。タオルで隠すこともなく、堂々と男がぶら下げているもの。まるで自慢するように見せびらかしている。
 秀生は、自分の股の間の変化を感じた。興奮している。ああ、恥ずかしい。ヤクザの男と目が合う。まずい、と思った。ここから出ていかないと、危ない。秀生は、湯船を出るとタオルで股の間を隠しながら、風呂場を出た。体を適当に拭き、急いで服を身につけた。逃げるように銭湯をあとにした。ゆっくり出来ず、短いカラスの行水で終わった。

...read more
スポンサーサイト
テーマ:連載小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。