小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第11章 霊界からのメッセージ
まずは第1章から第10章まで読んでください。


 秀生は電車に乗りながら車窓の富士山を眺めていた。電車が進につれ、富士山の姿は大きくなる。秀生の座っている席には、縄紐が置かれていた。家の物置にあったものを持ってきた。太い縄紐だ。特に用途もなく、以前から置きっぱなしになっていた縄紐だ。
 このまま進めば電車は富士山麓近くの駅に停まる予定だ。そこですることを実行しようと考えた。富士山には、小学生の頃、家族旅行で行ったことがある。登山はしなかったが、間近で見る富士山の荘厳な姿は今でも忘れない。横浜にいても、時々、晴れて澄んだ日には、遠くの富士山が眺められる。それも美しい。
 そんな美しい姿を眺めながら、人生の最後を迎えられれば丁度いいのだろう。
 
 電車が停まった。乗客が、数人ほど降りた。秀生の目的とする駅はまだ先だ。だが、電車が進まない。アナウンスが聞こえた。「当電車は、これより横浜への折り返し運転をいたします。」
 秀生は、はっと思い、縄紐を取って電車を降りた。ホームに出た。即座、電車は、逆方向に向かって発車してしまった。
 どうやら、終点まで行く電車ではなかったらしい。それならば、次の電車に乗って、富士山麓の駅まで行こうと考えたが、外はとても暑かった。湿気もかなり強い。待ってもよかったが、異常に蒸せる。ふと、ホームから悠然とした姿の富士山を見つめた。こんなに暑くても頂上には薄い雪の冠をかぶっている。秀生は、なぜか改札を出て駅の外に出た。
 辺りは、田圃と住宅がぽつぽつとある感じの田舎町だ。富士山は間近に見えても、山麓までにはかなりの距離がある。だが、ここにしようと考えた。
 この辺りにないのか。歩きながら辺りを見渡す。数百メートル先に小高い丘の森を見つけた。あそこならどうだろうかと思い、近付いた。
 
 数分ほど歩いて着いた先は、鬱蒼とした森だった。周囲は田圃だけで何もない。森の中に入る。道路から土の小径に入ると突然、涼しくなった。日差しが木々で遮られ、やや視界が暗くなった。秀生は丘を登っていくように進んだ。さっきまで暑いところを歩いていたせいなのか何だか不思議と気持ちいい。
 はっと不気味な光景を目にした。墓場だ。鬱蒼とした森に突如現れた墓石の列。墓場の先には、廃屋のような寺小屋が見えた。誰もいなくなって放置された墓場の跡のようだ。墓石の周りは雑草が茂り荒れ放題だ。
 何だか怖くなったが、秀生はさらに先を進んだ。怖くなるのが不思議に思えた。これから、自分も墓場へ向かおうとしているのに。
 しばらく歩き進むと丘の頂上に来たことに気付いた。目の前に富士山がそびえる。これが自分の人生で最後に見る景色だと思うと、感慨深かった。これでいいのか。ああ、いいのだ。これしかない。
 すぐそばに縄紐を吊す木を見つけた。枝が手を伸ばせば届く高さになり、太くて丈夫そうだ。そして、木は丘の斜面となっているところに立っていた。この枝に吊した縄紐に首をかければ、そのまま斜面の段差の上に体をぶら下げられる位置にある。
 紐で輪っかをつくり、それを枝に垂らし、枝に縛りつけられるように結び目を作り、縄を引っ張り枝に縄が垂れるようにした。秀生の目の前に首をかける輪っかができた。
 それを首にかけ、斜面の段差に飛び込めば、体がぶら下がる。
 秀生は、富士山を見ながら、首に輪っかをかけた。そして、飛び込む。
 体が枝にぶら下がった。目の前の富士山の光景が急にかすんで見えてきた。首がどんどん締め付けられ、息が出来なくなってくる。
 苦しい。ああ、苦しすぎる。

...read more
スポンサーサイト
テーマ:えろす小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。