小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第12章 滑走路
まずは第1章から第11章まで読んでください。

 秀生は、あの日から、精神的にも肉体的にも非常に淡泊な状態が続いていた。男性への性的衝動を感じなくなったのは良かったが、女性へ、その分、感じるようになったかというとそうではない。安倍に合コンに誘われ、何度か参加したが、そこでも興味を引く女性には出会えなかった。
 秀生は下らないことにエネルギーを費やすのは、やめることにした。それよりも大学での勉学に専念することにした。また、卒業後の就職についても真剣に考えるようになった。まだ2年生で就職活動には、早過ぎるかも知れないが、最近はバブル経済が崩壊して、就職も以前のように、引く手数多とはいかなくなったと聞く。「就職氷河期」などという言葉をよく耳にするようになった。就職活動真っ盛りの4年生は、かなり厳しくなっていると愚痴をこぼしている。大卒というだけでなく、大学時代の成績も就職に影響してくるというのだ。
 卒業後が、不安になってきた。ただの大卒というだけでは、就職は厳しいのではないかとさえ思える。東大や早稲田のような一流大学卒業ではないし、大学までの勉学で身につけた教養ぐらいしか売り物はない。
 そんな時見たのが、大学構内の掲示板に貼り付けられていた「MBA留学の説明会」と題したチラシだった。「国際化時代を生き残るためにアメリカの大学院でビジネスを学ぼう」と宣伝文句が書かれていた。
 話しだけでも聞いてみるかと思い、秀生は、説明会に参加することとした。場所は、講義室の一室を借りており、男子女子学生数十人ほどが参加していた。
 一人の中年男性が、MBA留学たるものの説明をしていた。この男性は、アメリカへの大学や大学院留学を仲介する民間業者の社員であった。自己紹介をすると、
「今や、高度成長の時代は終わり、終身雇用、年功序列のような雇用体系も崩れていっています。その上、国際化も進んでおり、ビジネスは英語でできることが不可欠となってきています。また、国際的なビジネスのノウハウも知らなければいけません。その意味でアメリカの大学院でビジネス全般についての勉強が出来るMBA留学は格好のプログラムだといえます。」
と自信ありげな口調で切り出しスピーチを続けた。参加者には、案内パンフレットが配られ、それに則して話しを始めた。
 MBAとは、Master of Business Administrationの略である。日本語に訳すと「経営学修士号」と呼ばれ、アメリカでは、証券マンなどのエリートビジネスマンなら持っていて当然と言われる。ビジネスマンのステータスなのだ。
 日本でも企業の国際化でにわかに注目を浴びているらしい。このMBAがあるかないかで就職の成功率も変わる可能性がある。
 しかし、問題もある。大学院過程にいくのだから、卒業後、2年間も勉学期間を延ばしてしまう。その間に歳をとり就職には不利になる。また、費用だ。アメリカの大学に留学するのだから、費用は学費以外に旅費、生活費がかかる。2年間で、学費は200万円。生活費や旅費は合わせて同額ぐらいかかってしまう。
 合わせて400万円。そんなお金をどうやって捻出すればいいのか。親に出して貰おうかと思ったが、父のことだから、大学院にそれもアメリカに行くなど猛反対するだろう。
 となると、自分で。アルバイトでもするか。だが、400万円も稼げるか。大学を卒業して大学院に9月に入学するまで、約3年間ある。その間なら、時間を費やせばアルバイトでそのくらいは何とか稼げる。
 まだ問題があった。大学院に入学できる水準の英語力を磨くことだ。秀生は、これまで英語を含め成績は良かった。高校時代も大学時代も。だが、それは学校の教科で学んだ程度で、大学院での学習に適応できる水準でないし、また会話力は、ほとんど無に等しい。外国人と話す機会などほとんどないからだ。
 この3年間、留学費用を捻出するアルバイト以外に英語力も磨いていかなければいけない。その費用もバイトの中から自己負担だ。しかしやれないことはない。
 秀生は、頭の中でそんなプランを思いついたが、実際のところ、それだけお金を貯めても実行するかどうかは未定だ。アメリカという国に住むということに不安がある。外国であり治安が悪いところも多い。マスコミを通してかなりの情報が入ってきてはいるものの、習慣や文化もかなり違う。
 どうせ、自分には今、これといってやりたいことがあるわけではない。合コンなどで恋愛を見つけるようなことにも関心はない。それならば、もしかして実行する卒業後の留学プランに向かって邁進していくのもいいのじゃないかと思った。アルバイトをして金を貯めることや英会話学校に通い英語力を身につけること自体、損なことではない。仮に留学をしないことになっても、今後の就職や生活には、有益であることには間違いない。
 とにかく、実行しようと決心した。大変だけど、意識をそのことに集中させるのだ。そうすれば、わずらしいことを忘れられる。

...read more
スポンサーサイト
テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。