小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第20章 アマンダの父
まずは第1章から第19章までお読み下さい。

 11月下旬、この日はアメリカでは感謝祭の期間で、各家庭で大きな皿に置いた七面鳥が用意され、家族やゲストを招待してのパーティーが催される。大学院では、親しく会話を交わす友人は何人かできたが、そういうパーティーにお誘いを受ける機会は巡ってこなかった。よっぽど親密でないと無理なのだろうし、秀生も、さほど関心がなかった。
 だが、思わぬ人から招待の電話がかかってきた。
「ハロー、アマンダよ。ヒデオ、あなたに頼みがあるの」
と親しげに言ってくる。アマンダとは、これまで数度、このバリーの家にいる時に挨拶程度に会話を交わしている。お互い、友達といえる仲ではないし、アマンダは、バリーのガールフレンドだ。そんなアマンダからの頼み事とは何かと思い、はっとした。
「今日のお昼、私の家で感謝祭のパーティーを開くの。それで何だけど、あなたに来て欲しいの」
「え、そんな僕が? でも、そんないいのかい? バリーも来るの?」
「バリーは来ないわ。あなたが必要なの?」
「ああ、でも、どうして? バリーが喜ばないよ」
と答えた。
「大丈夫よ。これはビジネスを兼ねたパーティーなの。父の会社のクライアントをパーティーに招待しているのだけど、そのクライアント、日本人なの。いつもなら、通訳の人が同行するんだけど、その通訳が急に来れなくなってしまってね。クライアントだけで来るってことになったのだけど、あまり英語が得意な人手はなくてね。あなたに通訳をしてもらいたいの。急に思い浮かぶ人というと、あなたしかいなくて」
「そりゃあ、日本語と英語は分かるけど、通訳までは」
「ああ、心配しないで。ビジネスの話題はなし。カジュアルな会話だけで済ませるから」
とやや、焦っているような口調が響く。あの美人のアマンダの頼みと考えると、断る理由はないと秀生は思った。

...read more
スポンサーサイト
テーマ:自作BL連載小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。