小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第28章 フェラーリ
まずは第1章から第27章までお読み下さい。

 その日の夜、秀生は、カストロ通りを歩いていた。ここはゲイの街だ。見渡す限り、この場所にはゲイしかいない。ゲイバーやゲイのポルノ雑誌やビデオを売る店が並ぶ。この通りは、シスコに着いたばかりの頃、偶然来たが、その時は、この場所がゲイの街であることなど知らなかった。そして、この黒いレザージャケットをゲイであることの目印を意味することを知らず買ってしまった。
 ちらりと聞いた話しでは、アジア人はゲイに大変持てるらしい。特に白人男性から人気があり、シスコのようにアジア系の多い街にアジア人を求めて訪ねてくる白人も多いそうだ。
 通りを歩きながら、秀生は周囲をきょろきょろ見渡した。通り過ぎる男たちを見つめながら、誰か自分に興味を示さないかとじろりじろりと目配せを送る。だが、誰も何気なしに通っていく。まあ、こんなもんだろうと思った。たかだが、通りに立っているだけで誰かに声をかけられるなんて思うのはむしが良すぎる。
 そうだ、バーに入ろう。そう思い、近くのゲイバーに入った。中は、革ジャケットや肌寒い夜なのに中の熱気に合わせてTシャツを着た姿の男たちでごったがえしていた。秀生は、目配せをしながら店内の人々を眺める。カウンターに向かい、バーテンダーにコーラを注文した。3ドルほど払ってコーラを貰いぐいっと飲む。カップルになってお喋りをしている客がいる。何とか、相手を見つけられないかと秀生は思った。
 だが、誰も声をかけない。みな、自分の相手がいるか、一人でいたいのか、また、自分以外の男が好みなのか、どうも秀生は、バーの中で浮いた存在になっていることに気付いた。つい解放感から、気分が高揚し、思わずゲイの街に来たのだが、どうもはしょり過ぎたようだ。簡単に相手など探せるはずがない。最初に、この街に来たときは、突然、声をかけられた。だが、その時は、ゲイに関しては拒否状態だった。
 今その気になったのだからっと思っても、それと同時に相手が見つかるといううまい話があるはずがない。うーん、だが、気分が高揚している。下半身にも、そんな兆候が。
 とにかく、このバーを出よう。それから、他のところに行ってみようか。もっと凄いところがあるかもしれない。ここはゲイの出会いの場だ。何だってある。見渡して探してみよう。
 通りを歩く。ゲイバー、ポルノショップなどが続く。ゲイっぽい男たちが集っている。通りをひたすら歩く。
 横断歩道を渡って、反対側の通りに行こうとした。すると、突然、車が飛び出してきた。秀生は、ひやっとした。もう少しでひかれるところだった。目の前に停まったのは、赤いフェラーリだ。もの凄い車だ。イタリア製のスーパーカーだ。
「いやあ、すまない。ギアチェンジができなくてね。飛び出しちゃったよ」
と運転席から男が声をかける。中年風の男だ。顔が窓から見えた。中年だが、ハリウッドスターのように艶やかな顔付きをしている。ケビン・コスナーとリチャード・ギアを合わせたような顔だ。
「びっくりだよ。こんなフェラーリが飛び出してくるなんて」
と秀生は、驚きながら、にたりとした表情を作りながら、声をかけた。
「君、この車を運転してみたいかい?」と男。
「いや、そんな、どうして僕が?」
「実をいうとさ、私は、マニュアルシフトの車の運転ができなくてね。LAで乗る自分の車はオートマだから。今日は友人からこの車を借りたんだ。だけど、どうしたって、ギアチェンジができなくてね。君、マニュアルの運転できる?」
「ええ、できるよ。ドライブしましょうか」
と思い切って誘いに乗った。フェラーリを運転できるなんてまたとない機会だ。
...read more
スポンサーサイト
テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。