小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第29章 初体験
まずは第1章から第28章までお読み下さい。

「何を飲みたいかい?」とジョージは訊く。
「ワインを」と秀生は言った。お酒の中ではワインが好きだし、この部屋のムードにも合っている。
「OK。極上のロマネ・コンティがある」
とジョージ。ロマネ・コンティか。聞いたことがある。ワインの中でも最上クラスで、ボトル一本が100万円近くするとか。そんな高いワインを飲めるのか。
 グラスに「ロマネ・コンティ」とラベルの貼ったボトルからワインを注ぐ。ワインを差し出す。ふわっと甘い香りがする。秀生は、ぐっと飲んだ。
 何と豊潤な味なのだろう。そして、ジョージを見つめ急に興奮してきた。ジョージの目は輝いていた。吸い込まれるような目つきだ。秀生はグラスをカウンターに置いた。
 すると、ジョージが即座に秀生にキスをした。秀生は、そのキスに激しく応えた。今まで体験したことのないような興奮が秀生の全身を襲った。これが男同士のキスか。男のぐっとする匂いと味が刺激的だ。こんな刺激味わったことがない。
 ジョージは、秀生をさっと抱き締めた。男のオーデコロンの香りが鼻をつく。だが、それも刺激的だ。下半身が熱くなっていることに気付いた。相手もそうだ。秀生のペニスは勃起している。はち切れんばかりに。
 ジョージは、さっそく秀生のジャケットを脱がした。そして、ベルトに手をつけた。ベルトが外れズボンを脱がす。秀生は、それに応じるようにシャツを脱ぎ、最後にはパンツを脱いだ。ジョージも、さっさと服を脱ぎ、二人の男たちは互いに全裸になった。
「ワオ、君のはでかいな。私のよりも大きいよ」
とジョージが、目を輝かせて言った。秀生はジョージのを見た。勃起しているが、秀生ほど大きくない。体は秀生より大柄だが、こちらのサイズはそれほどでもない。
「どうだ、まずはバスルームに行こう。お互いに体を洗い合おうじゃないか」
とジョージが言った。秀生はにっこりとして「もちろん」と応えた。
 バスルームは、広々としていた。ジョージはバスタブに浴剤を入れながら湯を足していった。泡風呂が出来上がった。ふんわりと泡が浴槽に広がり、気持ちよさそうだ。
「さあ、カモン」とジョージが先に入って言う。
 秀生も入る。浴槽は二人の男が入れるほどゆったりとして大きい。
 秀生は、ジョージに背中から抱かれるように湯に浸かった。ジョージは秀生の胸と股の間に手を置いた。そして、自分の頬を秀生のに当てた。ジョージの股の間は、秀生の尻の真下にある。ジョージの体温と湯のぬくもりを同時に感じますます興奮する。
「かたいね」とジョージ。
 ジョージのもかたくなっていることを秀生は感じた。
「どうして僕を?」
と秀生は、ふと疑問に思いきいた。
「あのストリートを革ジャケットを着て歩いていたら相手を探しているとすぐに分かる。そして、君は、まさに私のタイプだった。とってもキュートなアジアン・ボーイだ」
 なるほど、アジア人好みなのか。そして、キュートだと。彼らには、自分はそう見えるのだろう。
 男は泡で、秀生の体中を触り、秀生はマッサージを受けるような気分になった。秀生も男の体を泡で触りまくり洗った。広く筋肉質な胸板には、うっすらと毛が生えている。体を向き合いながらキスをして抱きつく。そんな格好で二人でシャワーを浴びた。
 シャワーを浴びた後、タオルを持って互いに濡れた体を拭き合った。頭から足まで、もちろん股の間もしっかりと。拭き終わり互いに石鹸の香りがする中、ベッドルームへ行った。
 広い、まさにキングサイズのベッドになだれ込んだ。そして、セックスが始まった。キス、抱擁、互いに体中を舐めまくる。すぐにジョージは秀生のペニスを口に入れた。特に激しく舐めまくる。ペニスの竿だけでなく、袋も舐める。秀生も、ジョージのに口を入れてみる。何てことをしているんだと自分に言い聞かせながら、相手を喜ばせたいと思い口の中で竿を上下して舐めた。とても気持ちいい。特にテクニックはいらない。すでに術を心掛けているようだ。
 すると、ジョージは「なあ、君の尻にファックしていいか」と言った。
 秀生は、どきっとした。ああ、そんなことをするのか。男女の場合とは違う穴を使うのか。
「コンドームを使うからさ」
...read more
スポンサーサイト
テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。