小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第30章 男色の歴史
まずは第1章から第29章までお読み下さい。

 翌週、スティーブの講義は、なぜ、我々は同性愛を敵対視するようになったのか、ということをテーマにしたものだった。同性愛は、人間同士にのみみられる異常性愛的なものなのか。そうではないということをスティーブは、このコースの最初の講義で話した。しかし、それならば、なぜこの人間社会は、同性愛を異端視するのか。いわゆるhomophobiaとよばれる同性愛に対する異端視的な感情は、見方を変えると社会の病だといえる。
 その根源とは何なのか、それを探っていきたい。
  
 まず、生物学的にみて同性愛とは異常な行為なのであろうか。人間だけにみられるものなのだろうか。哺乳動物では、鯨などにみられるという記録がある。もちろん、動物の性愛行動は、人間同士と違い何を意味するのか明確ではないので、それが同性愛行為であるという確証は得られない。
 人間と、その他、生物を比較した場合、性行為の意味が、そもそも違う。人間と違い、他の生物にとって受粉、交尾という行為は、ほぼ生殖のみを目的としている。それは、自分の種と遺伝子を後世に存続させるための戦いである。
 人間とて生物の一種であるので、そのような目的があるのだが、人間は他の生物ほど生殖に必死になる必要に駆られない。それは、人間には発情期といわれるものがないからだ。というのは、常に肉体的に発情ができる構造になっている。セックスをしたければ、いつでもできるのだ。なので、セックスが生殖を常に伴うとは限らない。
 他の生物、それが植物や昆虫などの受粉や交尾、動物でいえば発情期など生殖行為のできる期間が非常に限られている。だからこそ、性行為は生殖のみに専念される。また、植物に限っていえば、雄しべ、雌しべが同じ花の中にあるように両性具有だ。
 人間と他の動植物の性行動を比較するのは、そもそも無理がある。

 さて、そんな人間、つまり人類が同性愛行為をするようになったのは、いつからかというと、それは人類の歴史の始まりである古代から記録は存在する。例をあげると、古代ギリシャがそうだ。
 古代ギリシャでは、成人男性と少年の間の性行為は記録として残され、それは異端視されるような行為とはみなされていなかった。少年は、髭が生えるようになると、成人男性の性の対象とはみなされなくなる。
 古代ローマでは、少年愛を含めた同性愛行為は禁じられていたが、奴隷とその主人との間の性行為に関しては容認されていたと記録がある。
 しかし、中世にはいると西欧世界では、教会の力が強くなり、同性愛行為は徹底的に締め付けられた。だが、ルネッサンスの時期には、自由思想の流れから寛容になる動きもみられた。レオナルド・ダヴィンチも、そのような行為があったと言い伝えられている。その後、近代にはいると、同性愛は精神医学の観点から病気とみなされるまでになった。宗教的なモラルと精神病理学の観点から「自然に反する罪深い行為」とされ、刑務所または病院に監禁される罰則の対象である。

 スティーブは一通り話すと、しばらく沈黙した。
「さて、そんな人類の性の歴史の中で、やや例外的に同性愛に寛容であり、そして、その歴史的記録により、人類の性行動の謎を解き明かすことにつながる事例がある。今から、その歴史的な事例を取り上げて説明してみようと思う」
と表情を、ややきりっとさせ発言した。そして、秀生の方をぎょろっと見つめ、こう話しかけた。
「ヒデオ、それはどこの国の歴史だと思うかい?」
 何で自分に、と思い秀生は
「さあ、イギリス?」と思いついた国を答えた。
「いや、違う」
「じゃあ、アメリカ?」
「いやあ、違うよ。西洋のことはもう話した。違う地域に移そう」
とスティーブ、ややにたにたとして言う。
「ふーん、それなら中国かな?」
「いや、違う」
「じゃあ、ベトナム?」
「君にとって、とても身近なところを忘れているよ」
とスティーブがにやりした表情をする。
「僕にとって身近なところって・・・」
 秀生は、思わずびくついた。そんな、まさか・・。スティーブは、秀生の表情が変わったのを見越して
「ああ、そうだよ。君の生まれ育った国だ」と言った。
...read more
スポンサーサイト
テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。