小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第27章 カミング・アウト
まずは第1章から第26章までお読み下さい。

 その日の晩、秀生は、アマンダとバリーがソファにべったりくっついて座りテレビ番組を観ているところ、突然、「大事な話があるんだ」と言いテレビのスイッチを切った。
 二人は、拍子抜けした感じで秀生を見つめる。
「どうしたんだ?」とバリー。
「どうしても、今すぐにでも聞いて貰いたい話しがある。僕についてのことなんだ。もしかしたら、このことを聞いたら一緒にいられなくなるかもしれない」
「へえ、そう、そんなに深刻なことなの? とりあえず話して」とアマンダ、優しそうに言う。
 秀生は勇気を振り絞って言葉を発した。
「僕はゲイなんだ」
 すっと、その言葉を吐き出した後、しばらく、三人の間に沈黙が流れた。
 そして、アマンダが言った。
「それが、あなたの私たちに話したいことなの?」
「ああ」と秀生。
「それだけか?」とバリー。
 秀生は、二人の反応に驚いた。あまりにも、あっさりしている。
「なーんだ、深刻な顔をするから、もっととんでもないことかと思ったわ」
とアマンダが言った。
「驚かないの? 僕がゲイであることを大したことがないと思うの? 嫌いになったりしないのか?」と秀生は、むしろ自分が驚いて言った。
「おい、俺たちはサンフランシスコに住んでいるんだぜ。俺とアマンダの友人や知り合いには、たくさんゲイがいるぞ。お前のようにゲイであることを深刻ぶらずに宣言している奴ばかりだ」
「そうよ。私の大学のクラスメートにもゲイやレズビアンはいるし、今、私が教わっている講師はゲイであることを堂々と言っている人よ。ゲイであることなんて特別なことじゃないわ」
とバリーとアマンダは、普段のお喋りをするように言った。
 秀生は二人の反応に呆気に取られた。こういう反応も、ある程度予想していたが、しかし、予想以上にあっさりとしている。
「もしかして、俺たちがゲイに偏見があるとでも思っていたのか?」
とバリーが訊く。

「多くの人は、ゲイをノーマルでないと思っているよ」と秀生。
「そうよね、それは、多くの人が私たちのような肌の色の違うカップルをノーマルではないと思うのと同じことよ」とアマンダが言った。
「つまり、男同士、女同士がカップルになるのが異常だと思うように、異人種同士が愛し合うこともあってはならないことだと」
「そうよ。私のダディみたいにね。未だにアメリカには、異人種同士が結婚をすることに嫌悪感を抱く人が多いわ。現に、一九六〇年代まで、アメリカでは州の法律によって、異人種同士の結婚が禁じられていたところがあったのよ。カリフォルニア州だって、一九五〇年代までは禁止されていたわ。だから、もっと昔に私たちが出会って愛し合っても、法律が二人を結びつけることを禁じていたのよ」
「ああ、そうさ。世の中は理不尽なことばかりさ。誤った考えが常識になってしまう。だが、誰が何と言おうと、愛し合う二人に正しい、間違っているなどと、ケチをつける権利などない。堂々としていればいい。恥を感じる必要などない。まっとうな愛を貫いていると自信を持てばいい。望むなら、誰とだって愛し合える。それが自由な社会のあるべき姿だろう」
「そうよ。それに考えてみて。あなたがゲイであることを理由に友達をやめようと思う人がいたとしたら、それは、真の友達ではないということよ。絶交されるのなら、気に病む必要もないわ。たったそれだけのことで、友達になってあげられないなんて間違っているわ」
「そうさ、俺たちは、いつでもヒデオの友だちさ。正直に、話してくれてむしろ嬉しいくらいだ」

 バリーとアマンダの言葉を聞きながら、秀生は、心の緊張から一気に解き放たれた気分になった。そうか、自分は、何ら後ろめたさを感じる必要がない。たまたま、社会が自分を異端視していたに過ぎなかったのだ。自分は自由に人を好きになれる。それは、肌の色も関係なければ、女でも男でも構わない。二人のあっさりとした反応で、それを心より認識できた。

 秀生は、二人へのカミングアウトにより、新たに自らがゲイであることを受け入れ、脱皮するかのように自由になった。それは、アマンダとバリーというゲイではない人達が、自分がゲイであることを受け入れてくれたという出来事から起きた現象だ。

 秀生は、自由になった自分にある欲求が起こっていることを感じた。そうだ、バリーやアマンダのように、愛し合えるパートナーが欲しい。どこかにいないだろうか。相手は、もちろん男だ。自分のタイプとなる男性が欲しくなった。試してみたい。今まで、何度となく想像したが、その度に自己否定してきた欲求。抑えてばかりいたものが急に込み上がってきた。そして、自分には自由に、相手を選び、相手が応じるのなら、思いっきり楽しみ、愛し合う権利がある。愛し合うとは、キスと抱擁、つまりはセックスをするということ。キスや抱擁だけなら、路上でもしている男女を見かける。セックスとなると、プライベートな空間でのことだ。

 そこまでしてくれる相手を見つけられるかどうか。でも、ここはサンフランシスコだ。ゲイの街だなんていわれる。そういえば、市内でもカストロ通りは、そのメッカだなんていわれていたな。

 秀生は、以前、買ったものの、一度しか着ず、結局クローゼットにしまい込んだままにしていた黒いレザージャケットを取り出した。クローゼットから抜け出して楽しむのだ、ゲイであることを!

第28章へつづく。
スポンサーサイト
テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。