小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第3章 変身
まず、第1章2章を読んでください。

 もうすでに学校では二時間目が、始まっていた。高校に入ってから、初めての遅刻だ。二時間目は、数学の授業だった。秀生は、教室の扉を、さっと開けた。
 黒板のそばで、大きな口を開けて方程式の説明をしていた年老いた女の数学の先生が、秀生を見て口をとめた。
 教室全体が、シーンと静まった。みんなが、僕の方をまじまじと見つめている。あの中島知美もだ。彼女の目は、思ったとおり好奇に満ちている。
 すでにあの噂は、広まっただろうか。彼女の噂が、学年中に広まるのには一日を要しない。一時間目の授業が終わった頃だ。このクラスのみんなは、すでに噂を耳にしてしまってるだろう。
 だが、もうそんなことは気になんかしていられない。
「おはようございます、先生。今日の授業の予習のため、夜更かしして寝坊してしまいました」 教室中が、どっと笑いこけた。
「まあ、それじゃ遅刻しても怒る訳にはいかないわね」
と先生は言った。そして、何事もないかのように僕は、自分の席に座った。
 噂を笑いですっ飛ばさせそう。僕は、そんなつもりだった。
 二時間目が終わった。
 秀生は、紙切れを持って教室を出た。三時間目まで、十分間の休み時間がある。
 廊下を走って、階段を上がり、三年生の教室のある三階へ行った。
 尾崎先輩の教室は、三年二組だ。
 秀生は、二組の教室にずかずかと入った。先輩が、松村知美と話をしている。
「先輩、これを受け取ってください」
 先輩が、秀生の方を振り向いた。
「おい、なんだよ。びっくりしたじゃないか」先輩の横に立っていた松村知美も驚いて、秀生をじろっと見る。
 先輩は、秀生の紙切れを取って、中を読んだ。
「退部届 一心上の都合により、考古学部を辞めさせていただきます。 二年五組 箱崎 秀雄」
「おい、冗談だろ。文化祭は、来週だぞ。今、辞めてどうするんだ。
「先輩、ごめんなさい。いろいろと事情があって」
「なんだ、事情って」
 先輩は、秀生に突っかかるように言う。
「いいじゃない、尾崎くん。辞めたいって言ってんだから、辞めさせれば」
と松村知美が、澄ました口調で言う。
「他に部員がいるんでしょう。それに足りない分はわたしも手伝ってやるし」
キーン・コーン・カーン・コーン
と三時間目の始まりを告げるチャイムが鳴った。
「先輩、本当に御免なさい。失礼します!」
 秀生は、そう言うと走って、三年二組を出、自分の教室へ向かった。

 昼休みに別のクラスにいる親友の安倍に会った。安倍は噂のことを聞きつけていた。
「おい、箱崎、本当なのか?」
とさっそく切り出した。
「冗談じゃないよ。デタラメに決まっているだろう。そもそも、僕は部員じゃないんだ。考古学にも飽きたし、文化祭の手伝いで勉強はできなくなるし、でもってこの噂だろう。やめたんだ」
と言い返した。
 安倍はなるほど、という顔をした。
「そっか、良かったじゃないか。俺が根も葉もない噂だとみんなに広めておくよ」
と言った。その言葉に僕はほっとした。安倍は、小学校時代からの親友である。彼ほど信頼できる友人はいない。
「おい、それよりも、そんな噂を広められ悔しいだろう。どうだ、彼女を作って見ろよ。お前ならできるぜ。俺なんてしょっちゅう振られ放しだけど。そうしたら、誰もお前をホモだなんて言わないぞ」
 安倍に言われなくても、秀生はそうするつもりだった。

 十一月三日の文化の日になった。港南高校で、年恒例の文化祭が執り行われた。
 その日は、休日だが文化部員でなくとも、全校生徒が登校しなければいけなくなっている。
 だが、秀生は、欠席した。その日、家を出て登校した振りをしたが、公衆電話から学校に電話をして、父の振りをするため声を低くして電話を取った事務員に風邪で来れないと嘘を伝えた。事務員は騙され、病欠することを担任に伝えておくと承知してくれた。
 文化祭に行って、先輩と会いたくなかった。文化際一週間前に辞め、部に迷惑をかけてしまったから、会うと何だか気まずい。もう、できるだけ会わないようにするのだ。同じ学校にいるのだからこれから会うことはあるのだが、先輩は三年生で来年の三月には卒業することになる。それまでの、辛抱である。
 そして、その日、学校を休んだ代わり、街にくりだしていた。
 秀生は、まず銀行に行き、毎月の小遣いの使った残りを貯めている預金口座からお金を引き出した。口座には、五万円がある。五万円すべてをを引き出した。
 その五万円を持って、コンタクトレンズの店に行った。女店員にコンタクトレンズを買いたいと告げた。
 秀生は、自分の太い黒い淵の眼鏡を外した。さっきまで話していた女店員の顔がぼやけて見える。
 そもそも、この眼鏡のフレームは、父、英治が選んで買ったものだった。英治も秀生と同様、目が悪い。どちらもすごい近視だ。
 秀生は、小学校一年生の時から眼鏡のお世話になっている。以来、視力は、どんどん下がる一方で、成長するにあたって、レンズ同様フレームも替えることとなった。
 今の眼鏡は、高校の入学祝いに父が買ったもの。ちょうど、自分も新しい眼鏡を買うとあって、同じフレームのにしたのだ。
 だが、父の趣味はあまりいいものではなかった。五十を過ぎた男に似合う眼鏡が、十代の高校生にも合うとは限らないのだ。勘違いがはなはだしかった。
 最初は、嫌だったが、わざわざ買ってくれた父に悪いと思った。それに父は頑固だ。嫌がっても、「俺がわざわざ買ってきてやったんだぞ」っと、怒りだすに違いなかった。
 学校には、眼鏡を掛けた同級生はたくさんいるが、他の生徒の眼鏡は、ごく普通の細いフレーム、秀生のは爺くさい黒い太いフレームだ。 
 だから、秀生の眼鏡は目立った。「眼鏡君」というあだ名も、そんなわけでできたのだ。
 だが、その眼鏡とも、今日でおさらばする。これから、コンタクトレンズをつけるのだ。いくつかの視力検査をした後、レンズの試着をした。ハードは硬くて痛かったので、近視用のソフトレンズを買うことにした。秀生は金を払った。代金は三万円だった。来週には、眼鏡と同じ度のコンタクトレンズができると女店員は言った。
 また眼鏡を掛け、店を出、今度は、本屋に行った。そこで、何冊かの若い男性向けのファッション雑誌を見付けた。
「ターザン」「メンズノンノ」「男専科」
などというタイトルのついた雑誌が、男性モデルを表紙にして、棚に置かれている。
 最近は、男も見かけが大事とされる時代だ。
 男も、女にもてるためには外見を研く必要がある。今の女性は、見てくれの悪い男を嫌うのだ。
 ダサイ眼鏡をコンタクトに替えた後には、髪型、服装のチェンジだ。また、こういう雑誌には女性の口説き方などの記事が載っている。
 秀生は、三冊雑誌を取り上げ、レジへ持っていった。
 
 次の週、出来上がった米粒のように小さいレンズを目に付けた。レンズは、目に不思議とぺったり貼りついた。
 目玉を動かす。同じようにレンズも動いた。これは、すばらしい。
 目の前の光景も眼鏡を掛けてたとき以上に、はっきりしている。視界全体をレンズが覆っているからだ。そして、眼鏡と違い、耳や鼻の辺りがとっても軽い。何の重みもかからないのだ。
 なんで、もっと早くコンタクトレンズにしなかったのだろうか。
 女店員が鏡を用意してくれた。
「いかがです?」
 鏡に映ったのは、生まれて初めてといっていい、はっきりと見える眼鏡を外した自分の顔だ。
 まあ、いい顔をしているじゃないか。
 今まで、眼鏡で隠された目と目元の部分が、輝きを放っている。目は、二重で精悍な感じのする形をしている。
「まあ、とっても素敵ですよ。眼鏡を掛けているときよりずっとハンサムになって」
と女店員は言った。
  
 秀生は昼ごろ、家に帰った。
 秀生を見て、母の清子が驚いた。
「眼鏡をやめて、コンタクトレンズにしたの?」          
「そうだよ。そのほうが、いいんだ。眼鏡は重たいし」
 秀生は、平然として言った。別に大騒ぎすることでもない。母も小さい頃から僕の姿といえば、眼鏡をかけているときが普通だったから、無理もない。最初は、驚いたが、すぐに、ま、しょうがないか、という態度に落ち着いた。
 次に姉が家に帰って、僕を見た。
 姉の奈緒美は、そんなに驚いたりしなかった。
「まあ、コンタクトにしたの。その方がいいわよね。かっこよくなったじゃない」
 実に姉らしかった。
 その次に父が帰ってきた。 
 父は、まず、お母さんに文句を言った。
「おい、おまえ、秀生にコンタクトなんか買うのに金をやったのか?」
 母が、僕のほうを見る。
「安心して、お父さん。僕の貯金から出して買ったものだから」
「なんで、コンタクトなんか買ったんだ」
「お父さんの買った眼鏡なんて、ださくて嫌になったからね」
「なんだと!」
 父は、ぐっと僕をにらむ。
「やめてよ。二人とも、たかだかコンタクトレンズのことで、そんなに争わないでよ」
と姉が言った。
 しばらく、沈黙が続いた。
「ふん、自分で金出したのならいいだろう。かっこ付けたいのかわからんが、コンタクトなんかのためにこっちは金出す気はないからな」
 父は、そう言って自分の黒い淵の眼鏡をさわった。
 全く、くだらない。自分が眼鏡をかけてるもんだから。なんだか、嫌だったんだろう。それにコンタクトレンズは、かっこ付けるためだ。そりゃ今回は、そういう目的が第一にあったが、コンタクトは軽いし、眼鏡より周りが見やすいんだ。くだらない偏見だ。いつも、父とはそんなくだらないことばかりで喧嘩をしてしまう。

 
 次の日、秀生は学校に行った。文化際という一つの大行事が終わり、学校全体が腑抜けしたような状態だった。もっとも、文化際は秀生には関係なかったこと。普通の気分で通った。 
 眼鏡を外した秀生の新しい姿は、さっそく、クラスで注目を浴びた。眼鏡がなくなったことだけでなく、髪型も決まっていて、見違えるような顔に変身を遂げた僕は、みんなの注目を浴びることとなった。
「うひゃー、かっこよくなりやがって」
「うそー、眼鏡外しただけでこんなに変わるの」
 そんな言葉が、周りからちらほら聞こえてきた。なかなかいい気分である。思った以上にいい反応だ。やはり、素顔の秀生はかっこいいのだ。
 これから生まれ変わるのだ。噂は、広まろうと広まるまいと、どうでもいいことなのだ。秀生は、きちんとした男になるのだから。
 秀生は、すぐ横の席に座る春沢裕子を見た。
 クラス一の美人だ。さらっとした長い髪の毛に色白の肌、くりっとした目に小さく細い丸みをおびた唇。普段は、なぜか隣に座っていることを意識していなかった。
 大和撫子などという言葉が似合う物静かなタイプだ。彼女は、男子の中では美しすぎて、近寄りがたいなどといわれている。だがらこそ、クラスの男子みんなの憧れなのだ。
 秀生は、春沢裕子の席に近付いた。
 秀生は、普段は何も言わないのだが、あえて今日は春沢裕子の方に声をかけた。
「おはよう、春沢さん」 
「あら、おはよう、箱崎くん」
 春沢さんは、秀生に笑顔を向けた。とてもうれしかった。
 彼女は可愛いい。彼女となら恋もできる。彼女を試してみよう。秀生は思った。

第4章へつづく。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。