小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第33章 想い出のサンフランシスコ
まずは第1章から第32章までお読み下さい。

 スティーブの住んでいる場所は、すぐに分かった。電話帳を開いて、スティーブ・ギレンズという名前から探し当てた。該当する名前は、たった一つしかなかった。場所は市の北東に位置するマリーナだ。ここは、ヨットハーバーが近くにあり、ゴールデンゲート・ブリッジも見渡せる市内で最も風光明媚な場所だ。セクシーでスポーティーなスティーブにはお似合いなロケーションだともいえた。
 スティーブとは、5月に同性愛学のコースが終わってから会っていない。いろいろなことを学ばせてもらった深い感謝と同時に、情熱的に語るスティーブに気が付いたら、激しい情愛までも感じている自分に気付いた。
 彼こそ、自分が試す相手だ。スティーブも自分に兼ねてから関心があったはずだ。だからこそ、自分を彼の講義に誘うまでのことをしたはずだと思う。きっといい反応を示してくれるだろうと確信した。
正午間近になってバスでマリーナに着いた。そこから、歩いてスティーブの住所に向かう。途中の通りで花を売っていた露店があったので、そこで花を買った。名前は分からないが、赤い花だ。男相手に花をプレゼントするのはどうかと思ったが、自分にそれなりの想いがあるということを示す上で必要だと思った。
スティーブの住んでいるところは、アパートの二階のようだ。目の前は、ヨットハーバーで、ゴールデンゲート・ブリッジも間近に迫るほど景色がいい。潮風の香りがぷんとする。
階段で二階に上がりインターフォンを押した。ドアが開いた。すると、現れたのはスティーブではなく違う男だった。バスローブを着ていて、髪の毛はシャワーを浴びたばかりなのか濡れている。
「ハーイ」と男は大きく微笑んで挨拶した。
 誰なのかと思った。とりあえず、秀生は「ハロー、アイム・ヒデオ。こちらはスティーブ・ギレンズさんのお宅ですよね?」と返すと。
「ああ、そうだよ。スティーブに会いたいのか」と男が言う。男は、背が高く、スティーブと釣り合うぐらいにセクシーな外見だ。バスローブからのぞける肉体もボディビルをやっているかのようにがっしりとして筋肉質だ。
「ジョニー、誰が来たんだ?」
とスティーブの声。同じくバスローブを着ている。その瞬間、二人の関係がどんなものであるのかが分かった。秀生は、手に持っていた花をそっと背中に隠し見えないようにした。
「やあ、ヒデオ、どうしたんだい、こんなところまで」
とスティーブが嬉しそうに言う。
「ああ、貴方がマリーナに住んでいると聞いたことがあったので、たまたま立ち寄ったから挨拶をしようと」
「そりゃ、嬉しいね。ジョニー、紹介するよ。彼は僕の大学のコースの受講生で、ヒデオというんだ」
「そうかい、それはよろしく、ヒデオ」とジョニーが握手を求めるので、ヒデオは握手した。
「どうだい、これから、二人でヨットセイリングするところだったんだ。一緒にどうだい?」
とスティーブが是非共という表情で言うので、その勢いに乗せられ「是非とも、ありがとう」と言い返した。
 それから、二十分後、スティーブ、彼のボーイフレンド、ジョニー、そして、ヒデオは、ヨットの上にいた。サンフランシスコ湾の強い風を受け、ヨットは太平洋へ向けて進む。間近に赤い吊り橋のゴールデンゲート・ブリッジが見える。
 これは1937年に造られた鉄の吊り橋だ。世界大恐慌時の景気てこ挙げ策としての公共工事の一貫だったという歴史がある。半島のサンフランシスコ市と北部地方を結ぶ架け橋である。交通の利便性だけでなく、赤い鉄橋という風光明媚さが観光名所という役割も果たしている。時折、霧に包まれた姿も見られ、橋そのものが芸術品になってしまっている。
 今、その橋の下をくぐっている。秀生は車で通ったり、歩道を歩いてみたりしたことは何度もあるが、真下をくぐるということは初めての体験だったので感動ものだった。スティーブが昼食を用意してくれた。ツナ・サンドイッチだった。海上で潮風に打たれながら、壮大な景色を眺めて、ヨットの上でほおばるサンドイッチは、ひときわおいしさを感じさせた。
「お二人は、いい仲なんだね」と秀生が言った。
「ああ、僕たちは誓い合い、いわばメアリッド(結婚)しているんだ」とスティーブ。
「結婚? え、男同士で結婚なんてできるの?」
「いずれ、その権利を獲得するつもりさ。すでに市のドメスティック・パートナーとしては登録して去年、式を挙げた」
と隣に座っているジョニーが言った。
「はあ、だけど、そんな結婚なんて必要なのかな。二人で愛し合っていれば、それでいいんじゃないのかな。何も男女のカップルの真似をしなくても」
と秀生は、素朴な疑問として訊いた。すると、スティーブが、
「愛し合っているからこそ、その証明が欲しい。男女には、その権利が認められ、僕たちには認められない。そんなの不平等だ。かつては人種の違いによって結婚が禁じられていたが、それが差別だと分かって、肌の色の違いにこだわらず結婚ができるようになった。いずれ差別はなくなるものだと信じている。僕たちは、そのための運動をしていかなければならないと思う」
が言った。秀生はさらに素朴な疑問を訊いた。
「スティーブ、ご家族は、このことは認めているの? 自分もそうだけど、家族との間でいろいろと大変なことになるんじゃないのか心配にならない?」
 まずいことを聞いたかなと思ったが、秀生とスティーブの間柄なら許されると思い、また、自分自身にとって大事なこととしてどうしても訊いておきたかった。
「もめたよ。今でも、家族との関係はうまくいっていない。特に母さんがね」とスティーブ。ジョニーが続いて、
「僕のところは、父親が子供の頃、離婚して母親と妹が家族なんだけど、どちらも最初は驚いていながら、結局は認めてくれた。父さんとは離婚してから会っていないので話すこともないから、とりあえずは問題ないということかな。家族によって反応は違うけど、スティーブを含め、ほとんどの場合は、家族関係にひびが入ることがほとんどで、多くのゲイは家族に知られないままにしているのだろう。家族に知られたら勘当されるか、または、精神病院送りにされるかだ。実に不幸なことだけど」
 しばらく沈黙が続いた。
「だけどいいんだ。例え家族であれ、世の中全体であれ、自分たちを認めなかろうとも、俺たちの愛は変わらない。それだけは確かな事実だ」
とスティーブ。ジョニーを見つめながら言う。
 ヨットは赤い鉄橋をくぐり太平洋に出た。大きな海原が広がった。何だか、憂鬱な気分が晴れてきた。実に爽快な気分になった。

 その後、季節は夏に移り変わり、大学院生活の折り返し時期に入った。残り1年である。それまでに卒業に必要な単位を取得しなければいけない。とりあえずは順調に進んでいるので計画通りに進めていけばいい。
 バリーがアマンダと結婚してパシフィックハイツのキャリントン家に移り住むようになって、バリーの家は、秀生一人になった。とりあえず、大学院卒業までは、これまでのルームメートとしての契約で賃料を払ってくれればいいと言った。バリーとしても、自分が買った家なので手放したくはなく、秀生が出ていった後は、丸ごと借家にしたいと考えているそうだ。とりあえずは、秀生が一室を借りて住むのとバリーが計画しているソフトウエア会社設立のための仮の事務所として使うとのことだ。会社設立には、ブレーク・キャリントン氏が資金面で多大な支援をしてくれるとのことだ。
 
 秀生は残り1年を徹底して勉学に専念した。というより、最初の1年以上にカリキュラムがハードになってきたのだ。なのでやも得なかった。もちろんのこと、息抜きに大リーグやフットボール試合の観戦をしたり、グランドキャニオンやラスベガスを観光したり、また、冬になるとレイク・タホに行ってスキーをしに行ったりもした。アメリカにいる今だからこそできることだからと思い、楽しめる時は楽しんだ。そして、実に楽しかった。

1998年5月
 そして、あっという間に月日が過ぎ、卒業間近となった。必要な単位を全て取得、論文も提出した後、MBA(経営学修士号)の証書が貰えるようになった。成績は平均で、Aマイナスといった感じ。もう一つ、大きな成果を成し得た。卒業後、6月からの日本での就職先が決定したことだ。それは、年始めにサンフランシスコ市内のコンベンション・センターで日本企業による就職フェアが開催され、たまたま、日本人留学生だということで大学の事務所を通して招待を受け、そこで、背広とネクタイの姿で卒業後の新卒採用先になるか期待をして何社かのブースを回った。名の知れた大手から、中小企業まで、その場で面接を受けた。
 すると、翌週ぐらいに、その中の1社から電話で連絡があり、その後、再度、その会社の人事担当と市内のホテルの一室で面接をした。そして、その翌週、採用の内定の連絡を受けた。何でも名古屋に本社を置く貿易商社の東京支店勤務としての採用だそうだ。
 実のところ、就職先がどんなところであるべきかなどこだわっていなかった。だけど、卒業後、何とか食っていく手段を探さないといけない。とりあえずは普通にサラリーマンをしていくのが妥当だろう。せっかく培った英語力とMBAの知識を活かせるところにしたい。卒業まで時間がなかったため他を当たっている暇などなかったので、あっさり採用を受けた。
 さあ、日本に帰ろう。準備に取りかかった。
 帰国の前日、結婚1年目のバリーとアマンダが、フェアウェル・パーティをキャリントン邸でしてくれた。アマンダは妊娠中で今年中に第1子が生まれる予定だ。豪勢な料理が出され、その上、アマンダの友人の歌手が見事な歌唱力で「I left my heart in San Francisco.想い出のサンフランシコ」を歌ってくれた。さまざまな人々と出会い、想い出を与えてくれたサンフランシスコに我が心を置いて去っていく心情を詠ったものだ。
 まさに、フェアウェルにはふさわしい夜だった。

 翌朝、空港から成田に向けて飛び立った。家族には連絡を入れており、成田で出迎えてくれるそうだ。電話や手紙でやり取りはしていたが、実際に顔を合わして話しをするのは、二年ぶりとなる。この二年間で実に自分は変わった。
 それも、このサンフランシスコのおかげだ。秀生は、飛行機の窓から、眼下のサンフランシスコの風景を見た。ゴールデンゲート・ブリッジと整然と立ち並ぶ街並み。坂や丘が多い細い半島だ。太平洋と湾に挟まれている。
 実に感慨深い。
 ああ、これから自分はどうなっていくのだろう。この街で自らを解放できたものの、今後、日本に帰れば何が起こるのだろう。大いなる挑戦がただ待っているだけだ。
 どうしようか、と不安がよぎった。だが、この街で体験したことを糧に生き続けていかなければ、何としても、生き続けていかなければ。

第34章へ続く。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説書きの日記 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。