小説「世紀末の苦悩」
1990年から2001年までの日本とアメリカが舞台。一人の人間が苦悩から学び解放されていく様を描く。


プロフィール

advocate

Author:advocate
東京在住、30代独身男性。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第6章 テニス部員
まずは第1章から第5章まで読んでください。


一九九二年 春

 晴れて大学生としての生活をスタートした。これといって高校生の時と自分自身が変わったという認識はない。同じ市内なので自宅から通うのに変わりはない。制服を着ずに、私服で通学することになったというだけだ。大学そのものが珍しいものであると思っていない。そもそも日本の大学は、レジャーランドなどと呼ばれている。社会人になる前の休息の場という感じだ。入学してしまえば、単位を取り卒業するのは楽だ。ならば、それなりの青春を謳歌して、無事、就職先を決め卒業できればいいかなと秀生は考えていた。
 新入生への様々な誘いを受けた。合同コンペ(合コン)の誘いもあった。安倍と一緒にいろいろな合コンに参加した。出会いを求めてというよりも、ただ楽しみたいという感覚で参加した。お酒を飲んでカラオケを歌い、冗談めかしたことを会話した。いろいろな大学の男子・女子学生と交流した。男子にも女子にも、それなりに親しくなり友達になった者もいた。だが、いまいち「彼女」とか「ガールフレンド」とか呼べる女性とは出会いが巡ってこなかった。何人かモーションをかけてきた女子大生はいたが、今ひとつ気乗りしなかった。なかなかの美人ではあったが、高校時代の春沢裕子のことを思いだし、どうも踏み出せなかった。彼女には結局ひどいことをしてしまったと反省している。自分が、ホモではないのかという疑いを打ち消すがために付き合い始めたのが良くなかったと思った。
今度こそは、自然と積極的に近寄りたくなる女性と付き合おう。心から惹かれる女性と。そんな女性がきっといて出会えるはずだ。秀生はそう信じた。
 そうこうしているうちに夏が来た。
 安倍は、彼女が出来たことをよく秀生に自慢した。何でも、合コンで知り合った女子大生である。見た目は、ブスではないがそんなに美人ではなかったが、安倍は自分にしっかりついてきてくれる彼女が出来たと大喜びであった。外見上、お互い釣り合っているから結構なことだと秀生は思った。今まで片思いで振られ続けていた安倍にも、やっと運が向いてきたということか。

 親友が先んじたことに、秀生は焦りを感じた。多少なりとも、安倍よりは見立てがいい自分が、まだ彼女を探せていない。どうにかして見つけないとと考えるようになった。だが、焦って失敗したくない。しかしこのままではまた、ホモだという噂が流れてしまう。それだけは避けたい。

 秀生は、そんなことを考えながら、ある日、キャンパスのテニスコートの前を通っていた。ふと、テニスをする女子学生の姿が目に留まった。ミニスカート姿でラケットを振るう。遠目の後ろ姿だから、顔はよく見えないが、目の保養になる眺めだと思った。時々、ちらりとスカートが風でめくれパンティが姿を現す。
「なあ、おまえテニス部に興味あるのか?」
と後ろから男の声がした。さっと振り向く。そこにはテニスウエアを着た背の高い男。大学生のようだ。
「よう、俺は佐々木淳という。この横浜大学テニス部の男子キャプテンをしているんだ。良かったらどうだ。おまえもテニスに興味があるんだろう。まさかパンチラ目当てで、ここに来たとは言わせんぞ」
 さっと佐々木は秀生の肩を太い腕でぐっとくるみ引っ張り込む。秀生は、何も言わず為すがままテニス部室へ連れ込まれた。

 秀生は自己紹介をしてとりあえずパンチラ目当てでテニスコートに来たのではないということを断言した。とりあえず、テニスに興味があったからだと。そう言わないと不謹慎ではないかと思ったからだ。
「いや、いいさ。きっかけはどうでも。だが、キャプテンの俺としては、どうしても部員が欲しいんだ。というのはさ、テニス部の男子の予算、かなり減らされることになってな。今いる部員数だけでは、予算を維持できないだと。だから、せっかく興味があって俺に出会ったんだ。なあ、入部してくれよ。一年生で、どこの部にも入っていないんだろう」
「いやあ、でも僕はテニスなんて全然やったことありませんから」
 実を言うと、小学生の時にやったことがあった。だが、ないに等しいと思いそう答えた。
「いや、いいさ。部員も少ないし、新入生には俺がみっちり教えてやる。なあ、いいだろう。テニスって楽しいぞ」
とそう言いながら佐々木キャプテンの目は光っていた。秀生は、しばらく考え込んだ。ずっと体を動かしていない。何となくなまっている感じもする。だが、テニスはかなり疲れるぞ。運動は嫌いではないが、もっと楽なスポーツの方がいいんじゃないのかと思った。
「なあ、テニス部員なら大もてだぞ。女も選り取りみどりだ。いろんなところに合コンに連れて行ってやるぞ、俺が」
 佐々木が言う。秀生は佐々木の顔を改めて見た。ハンサムだ。文句なしにハンサムだ。それに背が高く体つきもいい。さすがはテニスプレーヤーでありキャプテンだ。かなりこれまでこなしてきたような感じがする。おそらく女にもかなりもてるのだろう。この男と一緒にテニスをやっているとなればきっといろんな女性がなびいてくる。きっと、自分にも。
「入部します。よろしくお願いします」と秀生は答えた。

 さっそくその日、秀生はキャプテンに連れられテニスショップに行き、テニスウエア、シューズ、ラケットを買った。翌日から練習開始となった。

 男子部員は、佐々木キャプテンを除くと新入生の自分を含めわずか三人だけである。女子は十人以上いた。後の二人は佐々木キャプテンと同じ三年生だ。佐々木キャプテンと同じ体育学部である。男子にはテニスは人気がないのかと思い、その先輩二人に理由を聞いた。その先輩達は、当初、そのことについてあまり話したがらなかったが、何度と訊いていくうちに、隠された理由を教えてくれた。何でも佐々木キャプテンは、大の女たらしで、後輩の彼女を惹きつけ、後輩から奪うようなことをしたために怒った部員がまとめて退部したというのだ。話しを聞いて何となく頷けた。

 同輩部員たちの話しでは、佐々木キャプテンはテニスの腕は抜群で、高校時代には全国大会で準優勝までして、大学に入ってからは海外遠征にも参加した程だという。女子の部とかけ持ちで指導するコーチの指導意外に、たった一人の新入部員ということもあり、佐々木キャプテンが、つきっきりで指導をしてくれた。上達させようと手取り足取り指導した。教え方もうまかった。一分間に少なくとも一度の割合で秀生の体に佐々木の手が触れるという具合だ。時には厳しいしごきもあった。まるで恫喝するかのように秀生に大声でボールを投げつけるようなこともあった。
 
 秀生は、そんなしごきにも耐えた。そのおかげでみるみる上達していくのが嬉しかったからだ。輝くキャプテンの目を見ていると、体の疲れや痛みも何となく苦痛と感じられなくなっていく。そのおかげあってか、秀生はみるみるうちにテニスが上達していった。

 練習が終わった後、キャプテンの指導の言葉を思い出す。学科の講義の時も、講義そっちのけで思い出す。気が付いたら佐々木キャプテンのことばかり考えている。肩や腕、腰、佐々木キャプテンに触れられた箇所の感覚が消えない。
 ある日、気が付いたら、その感覚が思い起こされるとともに又の間が熱くなり、ペニスが勃起していることに気が付いた。

 畜生、まただ!
 
第7章へ続く。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。